この行事は終了いたしました。多数の御来場、誠にありがとうございました。

なお、写真は当日の様子を撮影したものです。

第6回千葉県地域連携の会プログラム

  1. 開催日  平成24年8月1日(水)
  2. 会 場  千葉大学医学部附属病院(千葉市中央区亥鼻1-8-1)
  3. 受 付  午後2時から
  4. その他  要・事前申込

14:00~

院内見学ツアー(1)

シミュレーター実演の様子

 千葉大学医学部附属病院内の主な施設を見学いただきます。

 特に、昨年度オープンした「千葉大学大学院医学研究院附属クリニカル・スキルズ・センター」を御見学いただきます。

病院紹介ポスター展(閉会まで展示)

 各診療科・部門等をポスターで御紹介いたします。同内容を印刷した冊子も配付させていただきますので、当院との連携に御活用ください。


15:00~16:30 全体会

開会式 【会場:第1講堂】

高齢社会の医療 Project Health 2020 【会場:第1講堂】

全体会の様子

 全国各地から千葉県内に移住した団塊の世代がいよいよ65歳を超えました。これまで全国平均よりもずっと低かった高齢化率が上昇して、高かった生産年齢人口比率が低下しはじめると共に、医療需要がこれまでにない水準に増加するものと見込まれている。千葉県内の人的医療資源は全国的に極めて過少な状態にあり、このままでは崩壊必至です。

 分業による質の向上と効率化が不可欠で、そのためにはなお一層の密接な地域連携の形成が必要となります。

 地域の医療連携を強化推進するため、千葉県の医療・介護・行政関係者が一堂に会して、現状を分析し、将来を予測し、あるいはあるべき姿と実務上の課題を話し合い、実務上の課題を擦り合わせます。


16:30~18:00 分科会1

分科会A がんパス 【会場:第1講堂】

分科会の様子

 効率的で質の高い医療の均てん化と患者の安心を目的に、すべてのがん診療連携拠点病院において5大がん(肺、胃、肝、大腸、乳癌)に関する地域連携クリティカルパスを整備することが決まりました。(がん対策推進基本計画、2007年策定。)

 千葉県では連携パス専門部会を設け取り組んでいます。県内の拠点病院と千葉県健康福祉部および医師会とともに協議を重ね、共用パスを作成し、2010年から運用を開始しましたが、症例数は伸び悩んでいます。

 症例登録へむけての問題点、改善点をご討議ください。

分科会B 救急医療連携 【会場:第3講堂】

分科会の様子

 今年は以下の2つのテーマを取り上げます。

1)「救急搬送患者地域連携紹介・受入加算」

  当院では同システムを用いて、すでに紹介・受入ともに20以上の御施設と連携保険医療機関の関係を締結しています。今現在も改訂がすすんでいるこの加算の概説と、救急ネットワーク全体から見た今後の救急医療後方受入拡大の展望について話し合いたいと思います。

2)「消防指令センターの広域化」

  平成25年4月から千葉県の消防指令センターが西部地区と、東南部地区の2か所に集約されます。これに伴い、医療圏を超えた救急搬送体制の構築が必須であり、その問題点について討議したいと思います。

分科会C 診療報酬改定と地域連携 【会場:第1会議室】

分科会の様子

 社会の高齢化・受療者の高齢化に伴い、多職種の関わり・多機関の連携が必要になっています。診療報酬でも地域連携に関わる項目が毎回増加しています。今回の改定で取り上げられている項目を抽出しましたので、それぞれについて実際に運用するための協議を行い、連携体制を構築したいと思います。


17:00~18:00

院内見学ツアー(2)

 (14:00からのツアーと同内容です。)


18:00~19:00 懇親会

懇親会 【会場:食堂】

懇親会の様子

 御参加の皆様に懇親を深めていただくとともに、情報交換の場としてもご活用いただきたいと存じます。軽食を御用意しております。なお、事前申し込みは不要です。


19:00~21:00(20:30) 分科会2

分科会D 脳卒中パス・慢性疾患パス1000 【会場:第1講堂】

分科会の様子

 平成20年以降、千葉県共用脳卒中地域医療連携パスの運用が開始され、普及に向けた様々な取り組みが行われています。現時点では、診療報酬の対象となる急性期-回復期の連携は進んでいますが、維持期及び地域かかりつけ医との連携が課題となっています。また、首都に隣接した半島県である千葉県特有の地域性と患者動向があります。

 さらに、糖尿病パスや心筋梗塞パスの普及についても対策が必要です。

 真の循環型地域連携を実現するための本県での課題と解決策について議論します。

※ 本分科会は、診療報酬算定上年3回以上の出席が必要とされている脳卒中共用パスに係る「パス会議」に該当します。

分科会E 千葉県ITネット 【会場:第2講堂】

分科会の様子

 千葉県では医療機関ITネットの整備を進めています。ITネットでは普段の診療で紹介状やサマリ情報を入力しておいていただければ、救急時には診療所に駆けつけなくても高次救急病院でデータを参照できるようになります。また、共用地域医療連携パスの運用も予定されており、救急以外にも地域連携では大きな貢献が可能です。

 今回の分科会では、ITネットの概要や基本的な操作方法についてご説明するとともに、参加申し込みも受け付ける予定です。

分科会F 継続看護 【会場:第3講堂】

 入院期間が短縮され、地域での連携がますます重要になっています。患者さんの継続した看護を行う上で、送り出す側と受け取る側との情報共有は欠かせませんが、送り出す側が作成したサマリのみで情報を提供しているのが現状です。いろいろな立場の看護師と、連携するために必要な情報の内容や共有の方法についてディスカッションし、継続看護を深める一助にしたいと思います。

分科会G 認知症連携 【会場:第1会議室】

分科会の様子

 平成24年4月より千葉市認知症疾患医療センターが当院に開設され ました。今後は千葉市と共に、地域の医療機関介護・施設サービスとの連携し、地域包括ケアの推進を考えております。今回は、当センターの活動紹介を行うと共に、医療、介護、家族の立場から認知症の人へのサポートの現状をお話し頂き、それらを踏まえて参加者の皆さんと今後の当センターのあり方について検討したいと考えております。ぜひ、活発な意見交換をお願いいたします。