千葉県共用地域医療連携パスの目的

千葉県共用地域医療連携パスは地域疾病管理を行うことを目的としています。

 

一般にはクリティカルパスウェイ(Critical Pathway)の略称としてパスという言葉を使用します。一つの医療機関内で使われるパスは治療の手順と方法を決めて、効率的で安全な治療を行うことを目的としています。またアウトカムという達成目標を決めて運用することがクリティカルパスウェイのルールです。

 

千葉県共用地域医療連携パスは、治療の手順や方法は決めていませんし、アウトカムも決めていません。どのように患者さんを診ていくのか、医療機関間で紹介する時にはどのような情報を提供すべきかを決めているだけです。心筋梗塞のパスは原則1年間ですが、これも含めてずっと使い続けて頂けるものです。地域で、あるいは医療機関間でどのような治療方針を採用するのかを決め、その結果治療成績がどのように改善するかを測定するための道具です。

 

また千葉県共用地域医療連携パスは患者さんが主体的に自分の健康を守るための道具でもあります。疾患をコントロールするために重要なデータが一覧表の形で記載されていますので、うまくコントロールするための道具として使ってください。日常携帯して、他の医療機関を受診する時や、急病の時などに医師に見せてください。きっと速やかな診療に役立ちます。

 

ぜひ千葉県共用地域医療連携パスをご活用ください。


千葉県共用地域医療連携パスの種類

平成23年2月現在、千葉県共用地域医療連携パスには以下のようなものがあります。千葉県のホームページからそれぞれのパスをクリックしてその用紙(PDF)またはエクセルのシートをダウンロードできます。

脳卒中パス

心筋梗塞パス

糖尿病パス

がんパス

 胃がんパス

 大腸がんパス

 肺がんパス

 乳がんパス

 肝がんパス

 子宮がんパス

 前立腺がんパス

があります。


慢性疾患パス1000

脳卒中パス維持期の管理では糖尿病や虚血性心疾患、動脈硬化などを合併した方も多いと思います。そこでこれら3つのパスを一元的に扱うパスの試用版をエクセルで作成しました。1000というのは平成23年度中に1000名以上の患者さんに使っていただきたいという目標です。

ぜひご意見をお聞かせください。

ダウンロード
慢性疾患パス1000
エクセル2007または2010で動作します。使用法はファイル中の説明書をご覧ください。
注意! このシートは脳卒中パスとして診療報酬することはできません。
慢性疾患管理.xlsx
Microsoft Excel 289.3 KB

まずは使ってみませんか?

パスを使った診療を検討されている方はご連絡ください。導入に向けての説明会開催も可能です。

ご連絡はfujitan@faculty.chiba-u.jpまたはFAX(043-226-2632)にてお願いします。


脳卒中パスを使用するために

脳卒中パスでは診療報酬の請求が認められています。

  1. 千葉県のホームページから脳卒中パスをダウンロードして印刷してください。
  2. 連携する医療機関(急性期・回復期)を列挙してください。
  3. 連携する急性期病院に、貴方の医療機関が連携先として厚生局へ届けられているか確認してください。
  4. 厚生局に脳卒中パスと連携機関のリストを添えて申請してください。
  5. 脳卒中パスの会議に年3回以上参加してください。
    1. パスの会議は急性期病院が開催します。
    2. 急性期病院が届け出る連携施設リストに名前を掲載してもらって下さい。
    3. パスの会議の議事録に名前を掲載してもらって下さい。
    4. 千葉県では県下共用となっていますので、連携するすべての急性期病院の会議に出席する必要はありません。
    5. 広域を対象としたパスの会議は、現在千葉大学が主催する地域連携の会と、千葉県が主催する脳卒中パス連携の会があります。
    6. その他のパスの会議については地元の医師会にお問い合わせ下さい。
  6. 脳卒中パスを使った患者さんを診療したら記録を取ってください。
  7. 他の医療機関に紹介する際はパスのコピーを紹介状に添えてください。
  8. 維持期の医療機関では6か月、1年を経過したら急性期病院(最初にパスを作成した医療機関)に記載が終わったシートを送付してください。