医療デザインとは

今後全世界で高齢者数が急増します。このため医療・介護をはじめとして20世紀に構築したあらゆるシステムの再構築が必要となります。医療デザインは医療を中心に社会システムの抜本的見直しを試みます。

医療デザインの根本は、国民の健康にとって不可欠なことを明らかにすることです。既成のシステムの改善ではなく、本質的に正しいと思われることを中心に再構築を目指します。では本質とは何か、そのヒントはICFにあります。人間とは社会に参加し、そこで活動するものです。つまり他の人とのつながりが最も重要です。自然なつながりを増やし、支援することにあらゆる科学技術を活用し、社会の中で自由に活動できる健康を推進します。

地域疾病管理

疾病を、その特性を踏まえて、地域全体でコントロールする手法です。発生、診断、治療、関連死亡を一体として考える必要があります。その概要については以下のスライドをご参照下さい。

Preziのスライドリンクはこちら

医療・介護の連携実現プラン

自治体、医師会、医療機関などと連携して、少子高齢社会への対応を2020年までに終えるためのプロジェクト(Project Health 2020)を展開中です。

 

平成27年の成果

  1. 在宅医療提供体制の基本方針2015の作成
  2. 南房総市地域包括ケア推進アドバイザリー業務受託
  3. 医の壁のむこうがわプロジェクト
  4. COCプロジェクト:最後まで自分らしく生きる
  5. その他多職種連携グループワークの設計、実施、講演

平成28年度

  1. 在宅医療提供体制の基本方針2015の推進
  2. 南房総市地域包括ケア推進アドバイザリー業務継続
  3. 地域健康事業におけるコンサルティング契約(2社)
ダウンロード
在宅医療提供体制の基本方針
地域の在宅医療推進を簡単に進めるためのガイドラインです。7つの項目をクリアしていけば、確実に推進できます。ご利用は無料ですが、ご一報ください。また改善に向けての提案も随時受け付けています。
151005ガイドライン_参照用4.docx
Microsoft Word 1.6 MB

STAS 14項目版

King's College Londonが提供するオリジナルSTAS完訳版です。

ダウンロード
STAS_full.docx
Microsoft Word 21.6 KB

POS ver2

King's College Londonが提供する緩和ケアアウトカム評価です。

ダウンロード
POS Questionnaire v2 日本語版.zip
zip ( 圧縮 ) ファイル 361.7 KB

難病経過表

難病患者さんが自分で病状を記録するためのシートです。毎月の経過を記入して主治医に見せましょう。

下垂体前葉機能低下

ダウンロード
下垂体前葉機能低下経過表.xlsx
Microsoft Excel 29.9 KB

ご提案、ご相談受付中

さまざまな科学技術を活用するためには、先進技術に対する広範な知識が必要ですが、先進技術ほど秘匿性が高いものです。また他の分野への応用は、その分野が困っていることを知らないと思いつきにくいものです。即ち、すばらしい先進技術をお持ちの方々が日本におられて、それを医療分野では渇望していて、ちょっとした工夫だけでとっても良いことができるとしても、お互いに言葉を交わさないためにいつまでたっても成果が上がらない、そんな現実があります。この現状を改善するために、皆様からのご相談を随時受け付けております。

・ どう使えば良いか、わらないけれども、役に立つような気がする。

・ 良いものを作ったが、どこにも使ってもらえない。

・ 医療分野への売り込み方がわからない。

このようなご相談を随時受け付けています。メールにてご提案をお待ちしています。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です