がん療養Q&A

がん療養中の疑問に対して一緒に考えましょう。

腹部手術後

時々ぎゅーっとおなかが痛くなります。

ぎゅーっとする痛みは腸が強く収縮したときや、急に拡張したときにおこります。前者は下痢したとき、後者は走ったときに横腹が痛くなる感じです。どちらも流れが悪い所があることを示しています。これらの痛みは炎症を鎮めるタイプの痛み止めは効きにくく、おなかを冷やさない、早食いをしない、炭酸飲料を控える、などの配慮が必要です。今すぐ痛みを止める必要がある場合はブスコパンなどを用います。

じわーっと痛くなります。

じわーっとする痛みは癒着(腸と腸がくっついた状態)や肝臓などの実質臓器の不調で起こりやすくなります。あわてて受診する必要はありませんが、必ず主治医に相談しましょう。

おならが良く出ます

おならは食べたものが腸の中で発酵すると出やすくなります。イモ類や豆類の多い食事、炭酸飲料、チューインガム、早食い、うどん、ヨーグルトなどで増えます。

便通が安定しません

規則正しい生活を心がけましょう。毎朝同じ時間に起き、窓を開けましょう。起き抜けに水や牛乳をコップ1杯飲み、朝食をとりましょう。朝食をとって10分から15分程度でトイレに行きたくなりますので、そのタイミングで必ずトイレに行きましょう。トイレに行きたい気持ちは5分以内に治まってくるので、このタイミングを逃すと便はとても出しにくくなります。ちょっと出しにくいと思ったときは、いきむ前にウォシュレットで肛門のあたりを刺激しましょう。